ガーシトリンでスリムボディ

皆さん、ガーシトリンという成分をご存知でしょうか?

 

ガーシトリンはインドやカンボジアなどに自生する香辛料のガルシニアカンボジアという植物から抽出される成分です。

 

このガーシトリンにはヒドロキシクエン酸(HCA)というクエン酸と同じような構造を持つ成分が含まれておりこれが脂肪を蓄積しないようにしてくれるらしいです。

 

ダイエットをしても全く痩せない

 

こんな事ってよくありますよね。ちゃんと運動や食事制限しているのに・・・トホホ。

 

私は運動して食べる量を減らしたりしても太ることがったので、調べてみると摂取量と消費量のバランスでした。

 

 

人間の体は一日約1200カロリー摂らないと「カロリーを溜めなくては」と人間の本能が働いてしまい結果として太りやすい体になってしまうそうです。私の場合このパターンでした。

 

簡単にいうと消費量に対して摂取量が少なく脂肪を溜めこみやすい体を自ら作り上げていたということになりますよね。じゃあどうすればいいのよ?ということになりますよね。

 

運動についてはダイエットに関係なくても、とても良いことなのでできる限り続けていきたいものですが、激しい運動は普通の人には必要ないかなとも思います。先程述べた理論でいくと逆効果な気がします。

 

普通に食べても上記の結果になってしまいそうですよね。という事は、適度な運動を継続しながら普通に食べて余計なカロリーだけ取り除ければいいなと思いますよね。

 

 

通常は、食事などで摂取された糖分などはブドウ糖に変換されて、変換しきれずに余った分などが酵素の働きによって脂肪に変わって蓄積されるようになるらしいです。

 

ところがこのガーシトリンには、ヒドロキシクエン酸(HCA)というクエン酸と同じような構造を持つ成分が含まれており、これが酵素の働きを阻害してくれて食事の際の脂肪が蓄積しないように酵素のはたらきを抑制してくれると共に、糖質などをグリコーゲンへと変換することによって糖や脂肪分をエネルギー源へと変換する能力をサポートしてくれるそうです。

 

更に空腹感を防いでくれる効果があるそうです。すごくないですかこれ!カロリーカットしてくれて更に空腹感を防いでくれるなんて。

 

私の場合は、大体夕食に炭水化物抜きとかにしていましたが。お腹が空くのでなかなか寝付けず。朝食も睡眠不足で食べる気がしない時も結構ありました。カロリー不足で余計に太りやすい体になっていたと思います。

 

ダイエットって色々制限がありすぎてきついものだという固定概念がありましたが、ガーシトリンによるダイエットは簡単にできそうですね。

 

でも、ガルシニアカンボジア自体を取るにしてもサプリメントとして取る場合でも他の成分による副作用やアレルギーがあるかもしれないので、医師に相談の上摂取した方がよさそうですね。

キュートミーってすごい人気だけどダイエット効果あるのかな?
口コミ情報もチェックしておきたい。
3桁に迫るほどの体重だった私が試してみた体験談も紹介中です。